• 白いマンション
    無足場は足場を組まないというのが大きな特徴であるが、これはメリットが非常に多い施工である。
  • マンションイメージ
    外壁リフォームを行う場合、一般的には足場を汲むタイプが連想されがちであるが、近年は無足場施工を行っている業者も数多く存在している。
  • マンション
    無足場施工の場合、外壁リフォームを行うのにブランコを使用する。ブランコとはロープを使用し作業員を吊り上げる作業を指しており、都市部の外壁塗装や窓清掃では多く見られる方法である。
オススメリンク
メニュー
アーカイブ
カテゴリー

ストレスフリー

高層ビル

無足場は道にはみ出すということがなく、また建物内からの景色を塞ぐこともない為、非常にストレスフリーな施工法だとされている。
外壁リフォームの場合、外が見えにくくなる、洗濯物が干せなくなる、道に足場がはみ出して通行が少し不便になるといった事が多々あるが、無足場はそれらを全てなくすことに成功した施工となっている。作業中にブランコが目の前に来た場合は、洗濯物などは難しくなる事も多いが、それは一時的なものであることから大した問題にはならない。
Read more

臨機応変

高層マンション

無足場は外壁リフォーム時に臨機応変な対応ができるという特徴がある。
例えば塗装範囲を変更したいという場合でも、足場を利用していない為すぐに対応することが可能となっている。変更に多少のコストはかかることはあるが、基本的にはスムーズに行われるので大きな問題になることはないとされている。
こうした対応の幅が利くというのは、依頼主にとっては非常にありがたいことだとされている。
Read more

低コスト

赤いマンション

無足場は外壁リフォームを行う場合、非常に低コストである。
これは足場を組まないことにより、足場費用がかからないというものあるが、それ以外にも施工期間が短い、作業員が少なくても十分に行えるといったメリットが存在している為である。人件費はコスト面で非常に大きな存在となるため、この部分をある程度カットできるのは非常に効果的な削減なのである。… Read more